タイムカードの打刻と届出書類について

###Site Name###

タイムカードは厚紙の用紙になっているもので、タイムレコーダーに挿入する事で挿入時の時間を記録するための用紙で、勤怠管理に欠かせない情報源です。

会社に出社した時に最初に行うのがタイムレコーダーにタイムカードを挿入する事であり、退社する時に行うのも時間を記録する事になります。



タイムカードには出社時と退社時の時間が記録されており、勤怠管理では1日の所定労働時間、残業時間、遅刻および早退の有無などの集計やチェックが必要になって来ます。

尚、遅刻の中には寝坊以外の理由が在ります。



例えば、交通機関が乱れてしまい、いつもよりも遅く会社に到着したと言うケースです。


交通機関の乱れは、本人に過失と言うものは無いため、遅刻と言う扱いにはなりませんが、出社時にタイムカードを記録する事で遅刻のマークが付いてしまったり、カードの種類によっては遅刻の時間の欄に時間が記録される事も在ります。

All Aboutの価値ある情報を探してみてください。

交通機関の遅れの場合は、駅などで発行する遅延証明書類を添付することで遅刻の扱いを解除する事が出来ますし、最近はインターネットのホームページで遅延証明書類の発行も可能になっているため、駅で貰えなかった時でも安心です。尚、会社によっては交通機関の乱れで、出社時刻に間に合わない場合でも届出用紙を使って申告が必要な所も在ります。

この場合は、遅延証明書を届出用紙に貼り付けるなどして、勤怠管理を行う部署に回すことでタイムカードに記録されている時刻を訂正して貰う事が出来るようになっています。