勤怠管理クラウドなら難しい設定が不要

###Site Name###

勤怠管理は会社にとって重要な管理項目の一つであり、従業員一人一人に勤怠管理を適切な形で行う事が求められます。

出社時と退社時のタイムカードの打刻を行う事が勤怠管理の基本であり、これをシステム化することでタイムカードの集計処理工数を大幅に削減する事が出来ます。

勤怠管理システムは打刻情報をデジタル情報として保存が出来るため、アナログ方式のタイムカードの集計処理が一切要らなくなります。
これにより、従業員が多い企業などでは勤怠管理システムを導入することで勤怠管理自体の工数が削減され、尚且つ集計ミスなどが起こらなくなります。



尚、勤怠管理システムの中には勤怠管理クラウドが在ります。
勤怠管理クラウドはクラウドコンピューティングを利用した勤怠管理システムになります。



一般的な勤怠管理システムは社内に専用サーバーを導入することでサーバー上に勤怠管理情報を集約させることが出来るのですが、専用サーバーを導入する場合にはサーバーに精通した従業員が必要になり、サーバーの構築などの知識や運用、トラブルシューティングと言った幅広い知識が必要になります。

ジョルダンニュース!はこちらのサイトで情報公開中です。

しかし、勤怠管理クラウドはクラウドコンピューティングを利用しているものであり、サーバー自体の管理は勤怠管理クラウドシステムを提供している企業が行ってくれるため、サーバーの接続を行うだけで勤怠管理を行えますし、クラウドコンピューティングの場合は専用のアプリケーションソフトウェアがパソコンにインストールされていなくても利用出来ると言うメリットが在ります。